土佐清水の綺麗な海で養殖した旬の長太郎貝(ヒオウギ貝)の直売しています。バーベキューや刺身などいろいろな食べ方で楽しんでいただけるよう、心を込めて育てたおいしい長太郎貝をお届けします。

長太郎貝とは?

  • HOME »
  • 長太郎貝とは?

 長太郎貝とは、ほたて貝の仲間で、緋扇貝(ひおうぎがい)と呼ばれることが一般的ですが、高知県では長太郎貝と呼ばれて親しまれています。

 長太郎貝の名前の由来には諸説ありますが、貝を見付けた漁師の名前をとって長太郎貝と呼ばれるようになったとか。

 ホタテ貝より一回り小さく、その分うまみがギュッと詰まっています。タウリンが豊富で、疲労回復や免疫力の向上、肥満改善などに効果があります。

 長太郎貝の一番の特徴は、なんと言ってもカラフルな貝殻。赤やオレンジ、黄色に紫といろいろな色の長太郎貝がありますが、色が違っても味に違いはありません。成長の過程で色が変わることはなく、産卵されたばかりの赤ちゃん貝の時から、貝殻の色が決まっています。

 カラフルで栄養たっぷりのおいしい長太郎貝は、バーベキューで焼いて食べるもよし、お鍋に入れてもよし、パスタやアヒージョなど、いろいろなメニューでおいしく食べていただけます。

●ご注文・お問い合わせ先 TEL 0880−85−0016

PAGETOP
Copyright © 木村水産 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.